個人情報保護方針

札幌市商業近代化推進協議会(以下「当協議会」という。)は、個人情報保護に関する法律を遵守し、当協議会の事業活動を通じて得た個人情報の保護に努めることを社会的責務と認識し、以下の方針に基づき個人情報の保護に努めます。

Ⅰ. 個人情報の取得について
当協議会は、取得した個人情報は、次の目的のために利用します。これらの目的以外に、取得した個人情報を利用することはいたしません。
・キャンペーンの抽選、賞品の発送、及び業務に附帯する連絡のため
・個人を特定しない統計的処理のため
・その他上記各種業務に伴う業務の実施のため

Ⅱ. 個人情報の利用について
(1)当協議会は、個人情報を、取得の際に示した利用目的の範囲内で、業務の遂行上必要な限りにおいて、利用します。
尚、次の各号のいずれかに該当するときは、本人の権利保護に最大限の配慮を払いつつ、上記利用目的以外の目的のために個人情報を利用することがあります。
・法令の定めるところにより、利用又は提供を求められたとき
・本人の同意があるとき
(2)当協議会は、個人情報を第三者との間で共同利用し、又は、個人情報の取扱いを第三者に委託する場合には、当該第三者につき厳正な調査を行ったうえ、秘密を保持させるために、適正な監督を行います。

Ⅲ. 個人情報の第三者提供について
当協議会は、法令に定める場合を除き、個人情報を事前に本人の同意を得ることなく、第三者に提供しません。

Ⅳ. 個人情報の管理について
(1)当協議会は、個人情報の正確性を保ち、これを安全に管理するため、必要な対策を講じます。
(2)当協議会は、個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏えいなどを防止するため、外部からの不正アクセス、コンピュータウイルス等に対するセキュリティ対策を講じます。
(3)当協議会は、持ち出しや外部への送信等により個人情報を漏洩させません。

Ⅴ. 個人情報の開示・訂正・利用停止・消去について
当協議会は、本人から個人情報について、開示・訂正・利用停止・消去等の請求がある場合には、個人情報保護法に基づき誠実に対応します。
尚、次の各号のいずれかに該当すると認められるときその他法令で認められる場合には、当該請求に係る個人情報の全部又は一部について開示をしないことがあります。
・当協議会の業務遂行に著しい支障を生じさせるおそれのあるとき
・本人又は第三者の生命、身体、財産その他に係る利益を害するおそれのあるとき
・法令に違反することとなるとき
・請求者が本人であることを確認できないとき

Ⅵ. 組織・体制
当協議会は、個人情報保護管理者を任命し、個人情報の適正な管理を実施します。

Ⅶ. 個人情報保護体制
個人情報の漏洩、滅失等を防止するために、必要かつ適切な組織的、人的、物理的、技術的安全管理措置を講じます。